プログラム

エンジニアの第三のキャリアパス。エバンジェリストの魅力を探る

11:20-12:40 @B会場

エンジニアのキャリアはスペシャリスト、またはゼネラリストが基本と言われています。エンジニアとしてのスキルが飛び抜けていればスペシャリストとして重宝されますが、多くの場合は社内折衝やマネジメント力を求められるゼネラリストへの道を歩むことでしょう。

このセッションでは第三のキャリアパスとしてエバンジェリストを紹介します。エバンジェリストは登壇やブログの執筆、開発者とのコミュニケーションを通じて自社や自社製品を知ってもらう職種です。エンジニアの心が分かる人が求められるので、エンジニアとしてのキャリアが欠かせません。

そんなエバンジェリストを経験している方々を招いてお話を聞きます。国内外、スタートアップからエンタープライズまで幅広い企業のエバンジェリスト達の活動、これまでのキャリアをぜひお聞きください。

当日の進行により内容が一部変更となる場合があります

登壇者

セッションオーナー

中津川篤司

ニフクラ mobile backend、hifive 、CloudGarage エバンジェリスト。プログラマ、エンジニアとしていくつかの企業で働き、28歳のときに独立。2004年、まだ情報が少なかったオープンソースソフトの技術ブログ『MOONGIFT』を開設し、毎日情報を発信している。2013年に法人化、ビジネスとエンジニアを結ぶエバンジェリスト業「DevRel」活動をスタートした。

スピーカー

萩野たいじ

元美容師にて元音楽家。ソフトウェアエンジニアへ転身後、有限会社アキュレートシステムを起業。 その後商社系SIerを経て、現在はIBM GlobalチームにてDeveloper Advocateとして、技術者へリーチしたマーケティングDevRel(Developer Relations)を展開。

仲裕介

2012年よりNTTコミュニケーションズにて研究開発に従事。2013年にWebRTCを利用する開発者向けのプラットフォームサービス「SkyWay」を立ち上げ、2017年に同社正式サービスとなる。現在はエンジニアとして、同サービスのプリセールス、ポストセールス、DevRelを担当。

松下享平 (まつした こうへい)

株式会社ソラコムの事業開発マネージャーとして主にデバイスの企画を担当しながら、エバンジェリストとして、SORACOMサービスを企業・開発者により理解、活用いただくための講演活動を担当。 90年代半ばの地方ISPの立ち上げをキャリアスタートとし、主にインターネットを取り扱ったシステムインテグレーターを経て、2000年よりぷらっとホーム株式会社にて、ネットワークインフラやEC事業を担当。 2015年からはIoTソリューションをリードし、メガクラウドベンダーとの協業や、サブギガ/BLEを用いたIoTシステム構築といった業界の先駆的なIoT導入事例に関わる。

岡村純一

SIer、国際化・ローカリゼーション専門企業、マーケティングクラウド企業、グローバルペイメント企業を経て現職。パートナーエコシステムの成長とビジネス開発をDeveloper Relationを基軸に支援。個人で漫画や小説創作、バンド活動、システム開発協力などもしている。

企画 / 運営

CROSS Party 2019 実行委員会

ご要望、ご意見などは Twitter アカウントFacebook ページ までお問い合わせください。

©️CROSS Party 2019 実行委員会 All Rights Reserved.